物件の売買は計画的に進めよう

不動産売買をするときには計画性が重要になります。売買にはタイミングも大切であり、借地権の取引をしたいような場合には交渉も必要になりかねません。エリア選びも肝心であり、茅ヶ崎や多摩市、市川市などの関東エリアや兵庫に至るまで広く考えるに越したことはありません。

物件購入の決め手・ベスト5

no.1

予算に応じた価格なこと

不動産の購入の際に決定打となったのが価格というのがトップにランクインしています。予算に応じて買える限度額があるのは確かであり、ローンを含めて考えて買える範囲内に入っていた中で最も良かった物件を選んだというケースが多いのです。

no.2

立地を考えたら理想的だった

不動産選びのときに決め手になったのが立地というのが第二位です。建物については不満が生じてきたら必要に応じてリフォームやリノベーションをすることもできますが、購入してしまったら土地だけは変更することができないという点で重視されています。

no.3

間取りが魅力的だった

第三位になっているのが間取りの魅力です。特にマンションを購入したというときに多いのが間取りへのこだわりであり、後から変更できないマンションも多いことから一戸建ての場合に比べても部屋の数や位置関係について慎重に吟味している傾向があります。

no.4

ニーズに合った住宅設備が揃っていた

最新の住宅設備に対するあこがれを持っている人も多く、第四位になったのは住宅設備の充実度です。ニーズに合っているという観点が重視されていて、不要なものは入っていなくて必要なものだけが見事に揃っていることが決定打になっています。

no.5

将来的に地価が上がると期待できた

将来的に売却を考えている人は地価が上がると期待される地域を選んで購入することを決断しています。第五位に上がっているのが地価の高騰を予想して決めたというものであり、マンション売却を考えている人はニーズの上昇も考慮して選択しているのが一般的です。

売却のタイミングは?

不動産を売却する場合にはタイミングによって売れやすさにも価格の高さにも違いが生じます。しかし、基本的には売ろうと考えたときに速やかに売却手続きを始めるのがベストです。建物の価値は自然に老朽化によって低下していってしまうため、一年後や二年後に売るよりは今すぐに不動産会社に仲介を依頼するのが良いと言えます。

投資用と住居用の不動産を比較!

住居用の方が長期の住まいとして適している

住居用と投資用の不動産の違いとして大きいのが住まいとしての耐久性です。投資用の場合には短期の住まいとして考えられているため、あまり長く住むのには適していませんが、住居用は数十年は住めるように仕上げられています。

投資用の方が価格が安い傾向があって買いやすい

価格面で見ると住居用に比べると投資用の方が安い傾向があります。安価に建てられるように構造を検討してあることが多いのに加えて、積極的に運用を行うのを念頭に置いて安く建てられる工夫を凝らしてある傾向があるからです。

借地権の売買は不動産会社の選定が重要

不動産売買を行なう時にチェックしておきたいこと

集合住宅模型

不動産情報をリサーチしよう!

不動産売買を進める上で重要なのが徹底したリサーチです。住居用でも投資用でも比較検討を行うのに十分な量の情報を獲得することが必須になります。価格の比較が必要なのはどの場合でも同じですが、目的に応じて比較しなければならない観点には違いもあり、住居用なら住みやすさ、投資用なら利回りの高さや出口戦略の立てやすさを考慮するのが必須です。

有利に事を進めるために

不動産売買を有利に進めるためには不動産会社を味方につけることが必要です。仲介を利用して売買を行うのが安く購入したり、高く売却したりすることにつながります。売りたいときには売り手を、買いたいときには買い手を重視してくれる不動産会社を探し出して仲介を依頼すると大きな手間をかけることなく利益を最大限にできるのです。

市川市の不動産会社に尋ねよう!

不動産サービスについてのQ&A

仲介手数料は無料にしても問題ありませんか

不動産会社にとって唯一の利益になるのが仲介手数料です。むやみに無料にするのは問題になる場合があるので注意が必要ですが、もともと仲介手数料無料としている不動産会社を選んで売買を行うようにすれば問題が生じることはありません。

トータルサービスを受けるメリットは何ですか

不動産投資を行うときには購入から売却までトータルでサポートをしてもらえる不動産サービスを利用すると失敗するリスクが減ります。状況に応じてアドバイスをもらえるため、不動産投資の初心者にとっては安心できるサービスです。

[PR]
多摩市の不動産会社を大公開
物件選びを慎重に進めよう

広告募集中